まだまだ足りない ?医師が求められる実態とは

引く手あまたの状況が続く

医師のニーズが盛り上がりを見せているのは、高齢化社会の影響によるところが大きいといえるのではないでしょうか。看護師や薬剤師などとともに医療現場を支える存在として多くの人の期待が寄せられていることは間違いありません。医師にとっても、より待遇の良い医療機関での仕事を希望することになります。開業医なら話は別ですが、勤めであるならば転職などを検討することも不思議ではないでしょう。病院やクリニック、診療所などと医療機関は多くあります。ほとんどの医療機関では、医師の数の少なさが深刻な状況となっているのです。サービス付き高齢者住宅やケアハウス、老人ホームなどの介護施設や保育園などでも医師を求める施設が急増しています。医師としては、引く手あまたといえるのかもしれません。

地方山間部の医療機関に出張する医師も

医師の転職を専門にする転職サイトや転職エージェントなども盛んに活動をしています。やはり、それだけ医師の必要性の高さを物語っているといえるでしょう。医師の転職活動を支えるのが、キャリアアドバイザーです。医師のニーズが高いエリアなどを知り尽くしていることが強みであり、常に最新の情報などについて助言やアドバイスをしてくれます。医師不足が深刻化する中、収入面などをより増やすなどして医師を確保しようという傾向も顕著です。とりわけ、地方山間部の医師不足を解消するための模索は続いており、国や自治体も注意深く見守ります。中には、週末のみ地方山間部の医療機関に出張するという医師も登場しています。

医師のバイトはスキルアップが目指せます。また都合の良い日だけを選んで勤務できるため働きやすいのも魅力です。