語学力アピールに最適?英語の履歴書で面接を切り抜けよう!

英語の履歴書を作成するメリット

履歴書は求職の際に自身をアピールする書類なので、要点をまとめた分かりやすい内容に仕上げることが大切です。また、自身が有能な人材であることを企業や団体に提示する書類でもあるので、得意分野を明確にするのが賢明な書き方になります。英語の履歴書は語学力があることを分かりやすく提示出来る他、外国との取引が多い職種に適していることをアピール出来る効果があります。履歴書を英文で作成することで書類審査の段階で他との差別化が図れるのが大きなメリットになります。面接の際も英語での受け答えが出来ることを示すことにより、優秀な人材だと理解してもらうことが可能です。

履歴書作成で注意するポイント

履歴書の作成は誤字や脱字が無く、読みやすい構成になっていることが重要になります。履歴書の書き方がそのまま書類作成の能力を判断する基準になるケースもあるため、わずかなミスも無いように慎重に記述することが大切です。特に英文は綴りを一つ間違えるだけで意味が大きく変わってしまうこともある他、日本では英文に対応している履歴書が普及していない点も注意する必要があります。海外製の履歴書を取り寄せる方法もありますが、企業や団体によっては日本式に構成された履歴書しか受け付けない所もあるので、書類審査を受ける際は詳細を確認するのが求職者に必要な心得です。また、英語での記述は通常のアルファベットの他に筆記体で書く方式もあるので、相手側が出す条件に沿って履歴書を作成するのが社会的なマナーになります。

英文レジュメとは、英語で書く履歴書のことです。職務経験や資格など、アピールポイントを先に記載します。